HOME>PRODUCTS>DIGITAL SPEED

お客様の愛車から各デバイスを通して読み込まれたオリジナルデータはドイツdigitalspeed本社のプログラム開発室へオンラインで送信され、そのデータを専用ソフトを用いて必要なパラメータを変更していきます。

DIGITAL SPEEDの特徴
●点火タイミングと燃料噴射量の適正化による中速域のトルクアップとパワーアップ
●エンジンレスポンスと燃料の向上
●スピードリミッターのキャンセル(一部車両を除く)
●全ヨーロッパでの高シェアを基盤とした信頼性と実績を日本仕様へ高次元で融合
●自信の”5年間保証”

DIGITAL SPEEDエンジンコントロールユニット プログラミング内容
●スピードリミッター解除(ECUで制御している車両)
●燃料プログラム、点火時期プログラム変更
●電子制御スロットルデータ変更
●可変バルブタイミングデータ変更
●ブースト圧制御プログラム変更(ターボエンジン)
●REV変更(車種限定、一部車種は指定値設定可能:オプション扱い)
ECU TUNING

チューニングの概要
周知のとおり、最新の車は「エンジンコントロールユニット(ECU)」によってコンピューター制御されています。ECUは燃料調整と点火タイミングをコントロールするプログラムを持っています。ECU TUNINGはコンピュータ内のこれらのプログラムを最適化する作業を行います。
ターボ車の場合、その燃料調整マップとブースト圧を変更し20%〜40%増の馬力とそれ以上のトルクの増加を達成することが出来ます。
通常のガソリンエンジン(NA車)においてもパフォーマンスアップはおよそ6%〜8%の向上を達成できます。同じ駆動状況であれば加速力・最高速度ともに向上し通常走行においてはトルク増により燃費も改善されます。
タイプ別インストール
ECUの働きは各種センサーから送られてくる信号をROMに書き込まれているパラメータで演算しエンジンを制御しています。ECUチューニングは、このROM内の点火マップなど各種パラメータを最適化されたデータに書き換えます。そのチューニングデータのインストールにはさまざまな方法があり、各種車両のECUマザーボードのタイプにより採用する方法が決められます。
▼コンサルトボード「OBDII/E OBD」のデータ通信
車両からECUユニットを外さずにROMデータを読み出しチューニングデータをROMプログラミング
▼新世代シリアルプログラミングのデータ通信
専門知識と繊細な技術が求められる新型車へのプログラミング
▼ECUチューニングの基本である基盤加工によるROMプログラミング
従来から行われている方法ですが、現在も採用するECUは多く存在します。
NUR SPEC DSG

DSG専用トランスミッションソフトウェアプログラミング
DSGおよびS-Toronicは2つのクラッチを持つ大変優れたトランスミッションです。しかしその制御は万人向けにプログラムされている為、マニュアルトランスミッション操作の得意なドライバーやサーキットランには少々不満を感じることもあるでしょう。
このスポーツシフトプログラムは車をより楽しくドライビングすることを主軸として開発され、そのトランスミッション向上と連携しニュルンブルクリンクを中心に多くのテストを経て熟成されました。
GTI CUPカーのDSGプログラミングをさらに進化させたスポーツシフトプログラムとも言えるでしょう。

適応車種
VW AUDI

Price

GOLF5 GT 1.4TSI/GTI 2.0TFSI/R32 A3 2.0T FF/2.0T quattro/3.2 quattro

\78,000
\68,000(DIGITAL SPEED装着車の場合)

GOLF6 GTI/R S3 2.0T quattro
Sirocco 2.0TSI/R TT 8J 2.0T FF/2.0T quattro/3.2 quattro
Jetta 1.4TSI/2.0TFSI TTS 2.0T quattro
GOLF5 Variant 1.4TSI/2.0TFSI TT 8N 3.2 quattro
GOLF6 Variant 2.0TSI
EOS 2.0TFSI 3.2V6
Passat R36
Touran 1.4TSI
*表示価格は税別です。

特徴
・シフトスケジュール変更とクラッチ制御によりアクセル操作に対しスムーズに加速体制へ移行可能
・熟練テストドライバーのシフトパターンを組み込み、しっかりパワーバンドを乗せて自動シフト可能
・マニュアルモードではレブリミッと付近の無用なシフトアップを抑制
・スイッチングの反応時間を8msも短縮されたクラッチ制御
・オートマチックモードでのシフトスケジュール変更
・スポーツ走行及び一般走行においての低負荷時加速性能の向上
・OBD2ポート及びミッションコネクタを使用したシリアルプログラミング
・ノーマルデータ保存で希望により復帰可能
 etc...
耐久性試験も行い、ノーマル時と同等の耐久性を維持することが確認されています。また、TCU(トランスミッションコントロールユニット)へのプログラミングである為、ECUはノーマルの場合でもチューニング済みの場合でも問題ありません。また、他社製チューニングECUにも対応可能です。
通常のDレンジATモードでも、まるでエンジンがパワーアップしたような感覚のドライビングを実現します。より積極的意にドライビングを楽しみたい方や、サーキットランニングに最適です。