HOME>PRODUCTS>BSR

BSR の歴史は、1990 年代の初めVolvo 740's/940's のチューニングプログラムの開発から始まりました。 2000年には、会社名をBSR Svenska AB(BSR Sweden Ltd)に変更し、製品分野はさらにSaabとVAG Group自動車をカバー。
「夢の製品」を念頭に、PPCチューニング・システム開発を進めています。

PPC TUNING SYSTEMとは?
PPC(ポータブル・プログラム・キャリアー)はBSRによって開発された携帯型のチューニング・システムです。
●自動車のECU(電子制御装置)を機械的な修正をすることなく、お客様が選択されたお好みのチューニング・ソフトウェアを再プログラムすることが可能
●オリジナル/デフォルト・セッティングに戻すことが非常に簡単
●BSRウェブ・データ・ベースは様々な車種(モデル)のために2100以上のチューニング・プログラムを準備(2009年4月)
Development procedures at BSR

開発手順
1. エンジンとトランスミッションの設計と特性
2. エンジンとトランスミッションパラメータの分析
3. 排出量
4. 推奨動作範囲と絶対最大定格
5. エンジン管理システムの機能
6. 安全機能
7. 管理システム デバイスの校正
8. エンジンとトランスミッションパラメータの分析2
9. 評価
10. 資格
11. プログラミング ツール
12. リビジョン
1.エンジンとトランスミッションの設計と特性
BSRのすべてのプロジェクトの初めに、エンジンとトランスミッション特性に関する事前研究が行なわれます。 プロジェクトのこの部分は、今後のチューニングを妨げているあらゆるアイテムを発見するために、自動車の基本的特徴の徹底的な調査及び、特性を測定します。 実用的な試験だけでなく、エンジンの以前のリビジョンからの経験と理論的な計算に基づいて、出力増加のための車の可能性についてガイドラインを決定します。
さらに、燃料噴射装置、ターボチャージャー、燃料ポンプ等の自動車メーカーの選択は、パワーレベルに到達することが何であるかを決定します。
2.エンジンとトランスミッションパラメータの分析
チューニング操作中に影響を受けるすべてのエンジンとトランスミッションのパラメータの完全な分析は負荷の下で慎重に実行されます。 開発のこの部分は、様々な運転状況下で広範なテストドライブ中に実行されます。
すべてのパラメータは、このような排気ガスの温度・油温・マニホールドの空気の温度・背圧の特性だけでなく、各エンジンの一部の一般的な性能として記録して分析されます。 BSRでは、最新の設備だけでなく世界クラスのソフトウェアをこのために使用しています。
3.排出量
排出量評価の重要な側面は、低燃費が自動的に排出量が低いというわけではないことを理解することです。 エンジンを動かす場合、有毒な窒素酸化物を作成し、燃焼室増加中の温度を傾けます。 一目では車は燃費の向上を示したとしても、耐久性に影響するエンジンに対する熱の圧力を増加させたり、有毒の排気ガスを明らかにする場合もあります。
"ECU TUNING"という用語は頻繁に使用されますが、前述したようにこれは非常に否定的な副作用があります。
変換キットを開発する場合、排出量の徹底的な調査が使用されるすべての燃料の種類や混合物に対して実行されます。
4.推奨動作範囲と絶対最大定格
運転中のエンジンおよびトランスミッションのパラメータ分析の結果、エンジンが扱うことができるパワーレベルの基本的な理解を深めます。 BSRは、動作範囲のための構成要素のメーカー推奨を無視しません。 ターボチャージャーが改良される場合や、フュエル・インジェクタ・排気システムを改良される場合など、コンポーネントがその範囲を危くする時に、適切なユニットと取り替えられます。
5.エンジン管理システムの機能
開発段階の次のステップは、エンジン管理システムを図表にし、チューニング活動の可能性を探ることです。
多数のエンジン機能(信頼度、運転性能、パフォーマンス、燃料消費と環境的側面)を確保する為に、開発のこの過程は非常に時間がかかります。
6.安全機能
エンジン管理システムの最適化は安全性を保証するために非常に重要です。 ESP(電子安定プログラム)のようなすべての安全機能は、エンジンのチューニング後も100%動作する必要があります。 さらに、窃盗対策システムはチューニングによって影響を受けてはなりません。
また、診断・サービス及び、保守ルーチンはすべて自動車修理工場から適切なケアを受けられる為に使用可能のままである必要があります。
7.管理システム デバイスの校正
エンジン管理システムの図を作成した後に、再調整段階は始まります。 そして、すべてのエンジンコンポーネントをメーカー推奨を維持したままパワーとトルクは増やされます。 主観的な印象(例えば運転経験、スロットルレスポンス等)の評価を含むロードテストの間、すべてのエンジン・パラメータは記録されます。
運転性能と快適さの両方を最適化するために、エンジン最大のパフォーマンスを得るれる様に異なるギアの個々のトルクレベルで調整されて適用します。
8.エンジンとトランスミッションパラメータの分析2
エンジン管理システムの再調整が完成するとすぐに、エンジンの分析は再びまだ行なわれます。 これはエンジンコンポーネントがその推奨された範囲の外部で働かないことを保証するためです。 この分析は、路上テストと同様に行なわれます。また、エンジンデータはすべて記録され分析されます。
9.評価
一度の操作の下ですべてのエンジンのパラメータが分析され、若干の修正が完了すると特性評価が開始されます。
また、排出ガス試験はいくつかのギアとスピードでだけでなく、加速度試験として実施されています。
10.資格
認定手続きは、いくつかの車が様々な条件や負荷の下で駆動されて長期試験を行ったされている必要があります。
すべてのテスト結果は監視ログに記録され評価されます。
11.プログラミング ツール
お客様の車をプログラムするためのツールが開発されています。
大多数の自動車はBSR PPC装置を使用してプログラムされますが、ある場合ではコンピューターを使用するシリアル通信も同様に使用されます。
12.リビジョン
自動車メーカーは頻繁にアップデートされたソフトウェア・パッケージを提供します。
これらの最新のパッケージソフトは、BSRによって分析されお客様に提供されます。